三澤会計ブログ

メールはこちらから

三澤会計グループ > 更新一覧 > 三澤会計ブログ > (事業計画作成補助金)計画作成で20万円の補助

(事業計画作成補助金)計画作成で20万円の補助

2017年 6月 6日

事業計画作成費用が上限20万円まで支給される補助金が登場しました。

正式には「早期経営計画策定支援事業」という名称です。

早い段階から中小企業・小規模事業者の経営改善への意識を高めていく為、
認定支援機関と協力しながら将来の事業計画を作成します。

計画に沿って経営改善に取り組むことにより、資金繰り管理や採算管理を実現していく取り組みとなります。

資金繰りの計画が必要な会社や現状の分析等をより精緻な分析を行いたい方はもちろん、

これまで事業計画を作成したことがなかった事業者の皆様も、是非この機会にいかがでしょうか。

計画の作成にはどうしても時間と費用を要します。

これまで自分の会社のしっかりとした計画を作成したくても、
なかなか手が出せなかった方も多かったのではないでしょうか。

 

今回のこの補助金を活用することで、会社にとって重要な将来の計画を従来よりも少ない負担で、

また認定支援機関と協力しながらより実現性の高い計画を作成することが可能となり、

今後の経営改善を進めていく良いきっかけになると思われます。

 

私ども三澤会計は、中小企業庁より、経営革新等支援機関の認定を受けています。 

書類作成から申請まで、補助金の申請を一貫してサポ-トさせていただきます。 

ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

【 対 象 】
資金繰り管理や採算管理などのより基本的な内容の経営改善の取組を必要とする中小企業・小規模事業者。

社会福祉法人、有限責任事業組合、学校法人は対象外。医療法人は、支援対象。

【 概 要 】
認定支援機関が資金実績・計画表やビジネスモデル俯瞰図などの早期の経営改善計画の策定を支援し、計画を金融機関に提出することを端緒にして自己の経営を見直し、早期の経営改善を促すもの。

【 特 徴 】
① 条件変更等の金融支援を必要としない、簡潔な計画です
② 計画策定から1年後、フォローアップで進捗を確認できます
③ 作成した計画をもとに、自社の状況を客観的に把握できます
④ 必要に応じ本格的な経営改善や事業再生の支援策をご紹介します

【 補 助 対 象 経 費 】
早期経営改善計画策定支援に要する計画策定費用及びモニタリング費用
補助上限額:20万円(補助率:3分の2)
たとえば、本来30万円掛かる事業計画を、10万円の自己負担で作成できるイメージです。

【 以下に当てはまる方にはお勧めです 】

今のところ返済条件等の変更は 必要無いが、
〇ここのところ、資金繰りが不安定だ
〇よくわからないが売上げが減少している
〇自社の状況を客観的に把握したい
〇専門家等から経営に関するアドバイスが欲しい
〇経営改善の進捗についてフォローアップをお願いしたい

PAGE TOP

Copyright c MISAWA GROUP. All Rights Reserved.